株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヒーハイストはカイ気配、直動ベアリング好調で増額修正し今3月期営業利益2.8倍化  8月11日09時07分

 ヒーハイスト<6433.T>がカイ気配で400円台後半に歩を進め、上値抵抗ラインとなっていた75日移動平均線突破をうかがう展開。同社は機械向け直動ベアリングなどを主力商品として製造販売し、半導体製造装置向けなどで高水準の需要を取り込んでいる。10日取引終了後に発表した21年4~6月期決算は営業損益が1億1300万円(前年同期は2000万円の赤字)と黒字転換した。これを受けて、22年3月期通期業績予想の修正もあわせて発表、従来予想の1億200万円から2億4600万円(前期比2.8倍)に大幅増額しており、これを材料視する買いが集中した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGは売り買い交錯、4~6月期最終4割減益も強弱観が対立
ヨネックスがカイ気配スタート、工場稼働回復寄与し22年3月期業績予想を上方修正
東京株式(寄り付き)=買い先行で始まる、ダウ最高値受けリスク選好


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »