株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本化が続急騰、利益率改善で22年3月期経常利益予想を大幅上方修正  8月12日09時55分

 日本化学工業<4092.T>が続急騰。株価は一時前日比19.2%高の3690円まで上昇し、6カ月ぶりに年初来高値を更新した。11日の取引終了後、22年3月期の連結経常利益を従来予想の26億円から40億円(前期比72.7%増)へ上方修正すると発表しており、これを好感する買いが入っている。

 自動車市場向けを中心に想定を大きく上回る需要の回復が見られ、半導体関連市場も引き続き強い需要環境にあるなか、稼働率の向上や一般管理費の削減効果などが利益を押し上げる。なお、同時に発表した第1四半期(4~6月)の同利益は前年同期比94.3%増の14億9300万円だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
海運株は5%超の上昇で業種別値上がり率断トツ、コンテナ船市況高騰で業績変貌◇
中外鉱が買われる、貴金属の堅調な取引高見込み22年3月期業績予想を上方修正
LINK&Mは急反騰、コンサル・クラウド好調で今期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »