株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

信和が後場上げ幅を拡大、建設資材回復で4~6月期税引き前2.4倍増益  8月12日13時25分

 信和<3447.T>が後場上げ幅を拡大している。きょう午後1時に発表した22年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算(国際会計基準)は、売上高38億8400万円(前年同期比40.9%増)、税引き前利益4億5300万円(同2.4倍)となり、これが好材料視されている。

 建設工事の回復を背景に、仮設資材部門で主力製品であるくさび緊結式足場や次世代足場を中心に販売が伸びたほか、物流機器部門では経済活動の回復基調に伴って輸送用機器の需要が高まった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ブルーミーム急反騰、受託開発拡大による第1四半期の堅調なスタートを好感
大運が大幅続伸で400円台乗せ、海運株人気が周辺株にも波及
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »