株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ベルトラ---コロナ影響で2Q減収も、コスト見直しで損失は抑制  8月13日13時53分

ベルトラ<7048>は12日、2021年12月期第2四半期累計の連結業績を発表した。営業収益は180百万円(前年同期比77.2%減)、営業利益は612百万円の損失(前年同期は500百万円の損失)、経常利益は628百万円の損失(同505百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は649百万円の損失(同715百万円の損失)となった。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の収束の目途は未だ見込めず、依然として海外への渡航制限が継続されており、また日本国内においても感染が再拡大している局面にあることから、国内外における旅行需要が大幅に減少する状況が続いた。ただ、全社的なコスト見直しを行い、広告宣伝費の大幅な削減、役員報酬の減額、従業員の休業対応などの徹底的なコストコントロールを進めたことで、損失の拡大は最小限に抑えられたとしている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »