株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=タキロンCI、半導体向け高機能材など貢献し足もと業績好調  8月13日10時00分

 タキロンシーアイ<4215.T>は6月につけた年初来安値557円を底にじりじりと下値を切り上げる展開。同社はプラスチック加工大手で、建設資材や農業用資材をはじめ半導体向け高機能材なども手掛ける。

 4日発表した22年3月期第1四半期(4~6月)の決算は、高機能材事業が業績押し上げに貢献し売上高358億5200万円(前年同期比12.9%増)、営業利益29億6600万円(同61.9%増)と好調。通期は売上高1400億円(前期比4.1%増)、営業利益80億円(同6.0%減)と増収減益見通しにあるが、業績上振れに期待ができそうだ。

 株価指標面では配当利回りが3%台にありながら、PBRは0.7倍前後と割安感が強い。4~6月期決算発表と同時に自社株買いの実施を発表するなど株主還元策も打ち出しており、足もと日足一目均衡表の雲抜けからの一段高に期待したい。(イ)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
杉村倉庫が急騰、海運株人気の波及で倉庫株に物色の矛先
扶桑電通は一時ストップ高、21年9月期の業績上方修正と株式分割実施を好感
マツキヨHDが大幅反発、都心店舗の回復などで第1四半期経常3割増益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »