株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 マツモトキヨシ、スノーピーク、ケイアイスター不動産など  8月16日07時15分

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
太洋物産<9941> 715 +100
4-6月期好調で第3四半期累計では既に通期計画を超過。

ENEOS<5020> 457.5 -18.1
第1四半期大幅増益も計画据え置きで失望感。

Kudan<4425> 3180 +20
第1四半期売上高は前年同期比4.7倍、営業赤字幅は縮小。

ノムラシステム<3940> 299 +3
第2四半期(4-6月)は増収増益で順調な進捗。

西本WISMETTACHD<9260> 3320+500
大幅な上振れ着地がサプライズに。

クロスマーケ<3675> 696+100
前期業績の上振れ着地を評価。

ケイアイスター不動産<3465> 6130+1000
第1四半期大幅増益で通期計画上方修正。

アトラエ<6194> 2744 +499
第3四半期累計営業益は通期計画を超過。

スノーピーク<7816> 4985 +700
業績・配当予想を大幅に上方修正。

明治海運<9115> 694 +82
中小型海運株は上値追いの動きが全般続く。

フリュー<6238> 1685 +207
業績予想の上方修正を発表。

日本システム技術<4323> 1847 +201
第1四半期営業黒字転換を評価。

リクルートHD<6098> 6350 +578
市場想定以上の上方修正を発表。

サントリー食品インターナショナル<2587> 4280 +405
上半期業績はコロナ前水準大幅に上回る。

石原産業<4028> 1340 +157
上半期上方修正で一転経常黒字に。

乾汽船<9308> 2220 +237
大幅な業績上方修正と増配を発表。

名村造船所<7014> 290 +34
中小型海運株の活況が刺激となる。

タカラトミー<7867> 1081 +74
上半期業績上方修正率の大きさなど好材料視。

レオパレス21<8848> 188 +24
決算発表後は上値追いの動き徐々に強まる形へ。

UTグループ<2146> 3085 +215
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を格上げ。

エンビプロHD<5698> 1668 +170
決算評価の流れが継続。

東洋エンジニアリング<6330> 954 +80
12日取引時間中に発表の決算評価が続く。

双信電機<6938> 816 +31
値動きの軽さから短期資金の追随買いが継続。

ジェイ エフ イー ホールディングス<5411> 1654 +141
業績上方修正や配当利回り妙味の高まりなど評価。

リログループ<8876> 2595 +191
第1四半期大幅増益決算が評価材料に。

オイシックス・ラ・大地<3182> 4065 +10
第1四半期の高い進捗率受けて買い安心感。

リンクアンドモチベーション<2170> 981 +72
好決算や株主還元策拡充を評価続く。

マツモトキヨシ<3088> 5010 +325
第1四半期大幅増益決算が好感される。

ダブル・スコープ<6619> 663 -150
上半期営業赤字決算がネガティブインパクトに。

アステリア<3853> 616 -143
第1四半期大幅減益決算がネガティブインパクトに。

レアジョブ<6096> 1380 -296
第1四半期大幅減益決算を嫌気。

ジェイテックコーポレーション<3446> 3185 -500
決算と中計発表で出尽くし感強まる格好に。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »