株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

防衛関連株の一角が高い、アフガン情勢急変で地政学リスク高まる◇  8月16日10時40分

 石川製作所<6208.T>や細谷火工<4274.T>、豊和工業<6203.T>など防衛関連に位置づけられる銘柄群の一角が高い。アフガニスタンの反政府勢力タリバンが15日に首都カブールに進攻し、大統領府を占拠したことが複数のメディアを通じて伝わっている。これを受けて中東の地政学リスクに対する警戒感の高まりから、関連銘柄に思惑的な買いが向かっているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
荏原が大幅反発、風水力や精密・電子事業伸長し21年12月期業績予想を上方修正
オプティマスがS高カイ気配、ニュージーランド向け中古車輸出増で22年3月期業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 08月16日 10時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »