株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スペースバリューホールディングス---1Q増収・利益改善、建築事業が好調に推移  8月17日10時50分

スペースバリューホールディングス<1448>は10日、2022年3月期第1四半期(21年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比1.9%増の163.11億円、営業利益が2.62億円(前年同期は0.03億円の損失)、経常利益が同148.0%増の2.95億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が1.04億円(同0.71億円の損失)となった。

建築事業の売上高は前年同期比15.0%増の102.23億円となった。販売事業では事務所、店舗、倉庫の建築は低調に推移したが、工場及び作業所の建築が堅調に推移し売上高は同5.3%増の52.69億円となった。レンタル事業では、公共施設の大規模改修工事の反動による減少はあったが、学校施設の耐震化等に伴う仮設校舎の建築等が堅調に推移し売上高は同27.5%増の49.53億円となった。

駐車場事業の売上高は前年同期比12.9%減の24.98億円となった。販売事業では事業用の立体駐車場建設は堅調に推移したが、主にホテルやテナント等の商業施設関係の立体駐車場建設が減少し、売上高は同32.9%減の9.87億円となった。メンテナンス事業ではリニューアル工事が減少し、売上高は同4.5%減の4.57億円となった。また、駐車場運営・管理事業では、国内は2021年6月末において駐車場401件4,243台(12台純減)及び駐輪場69件11,776台(1,130台純減)、海外は2021年6月末において駐車場303件124,662台(1,498台純増)となり、売上高は同14.8%増の10.53億円となった。

総合建設事業の売上高は前年同期比15.5%減の32.88億円となった。土地区画整理事業に伴う土木工事や商業施設等の改修及び修繕工事が堅調に推移したが、マンションなど住宅関係の建設及びリニューアル工事が減少した。

土地活用事業の売上高は前年同期比26.7%減の0.71億円となった。生活密着型商業店舗(大手コンビニエンスストアやドラッグストア)の開発は概ね計画どおりに進捗しているほか、管理業務の受託による収入は積み上がったが、減収となった。

ファシリティマネジメント事業の売上高は前年同期比13.7%減の2.29億円となった。緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の適用による商業施設の休業に伴い、清掃業務等の継続的な減少の影響もあり、減収となった。なお、同事業については現在、撤退に向けて準備を進めている。

2022年3月通期については、売上高が前期比8.4%増の840.00億円、営業利益が21.00億円、経常利益が同227.6%増の24.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同325.5%増の14.00億円とする期初計画を据え置いている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »