株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DMG森精機に強気評価、国内有力証券は目標株価2700円に引き上げ  8月19日14時42分

 DMG森精機<6141.T>に強気評価が出ている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は18日、同社株のレーティングの「オーバーウエイト」を継続するとともに、目標株価を2600円から2700円に引き上げた。高付加価値化の進展で収益性改善が進んでおり、欧米の設備投資回復で22年12月期から業績拡大が期待できると予想している。具体的には21年12月期の連結営業利益は前期比2.5倍の271億円(会社予想200億円)、22年12月期の同利益は過去最高の468億円を見込む。民間航空機を含む全業種が回復傾向にあり、自動車向けの約50%が電気自動車(EV)関連などEVの需要も取り込みつつある。更に、同社は工作機械の省エネ化・脱炭素化・自動化を進めており、更新需要の本格化が事業機会になりつつある、とみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
MHグループは朝高後に売られる、22年6月期は営業黒字に転換へ
<個人投資家の予想> 08月19日 14時
NESICが強含む、工場ネットワークのセキュリティーサービス開始◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »