株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~自律反発を意識しつつもトヨタの底入れを見極め~  8月20日08時34分

20日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:自律反発を意識しつつもトヨタの底入れを見極め
■ランシステム、22/6期営業黒字転換を見込む
■前場の注目材料:東京製鐵、岡山でホットコイル再開、23年度めど年60万トン


■自律反発を意識しつつもトヨタの底入れを見極め

20日の日本株市場は、自律反発の動きが意識されるものの、戻り待ちの売り圧力が警戒されやすいだろう。19日の米国市場ではNYダウが66ドル安だった。連邦準備制度理事会(FRB)が年内に緩和縮小に踏み切る可能性が強まったことが引き続き警戒され、景気敏感株を中心に売られた。新型コロナウイルスのデルタ変異株流行で世界経済の回復減速への懸念も根強く、ダウは終日軟調に推移。一方でハイテクは底堅く推移し、ナスダック総合指数は小幅高。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の27250円。円相場は1ドル109円70銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行で始まりそうである。昨日は後場半ば以降にトヨタ<7203>の減産報道が嫌気され下落基調が強まっていたこともあり、トヨタがリバウンドを見せてくるかが注目されよう。戻りの鈍さが嫌気されてくるようだと、これまで強い値動きが続いていた景気敏感株を中心に利益確定の動きが広がる可能性がありそうだ。

また、先物市場ではナイトセッションで一時26950円と27000円を割り込んでいる。いったんは底入れが意識されてくる可能性はありそうだが、戻りの鈍さが嫌気されてくるようだと、ナイトセッションでつけた安値に接近する場面も想定しておく必要はありそうだ。一方で、エヌビディアは決算評価の動きから4%近く上昇するなど、半導体株の一角が買われていることもあり、東エレク<8035>やアドバンテスト<6857>など指数インパクトの大きい値がさ株の底堅さを見極めたいところ。

なお、中小型株ではマザーズ指数が下落したものの底堅い値動きを見せていた。直近の1000Pt割れで需給整理も一巡したと見られており、調整が続いている成長株などへはやや長期目線での押し目買いも意識されやすいところか。なお、混乱が続くアフガニスタンから、大使館職員や民間人の国外退避を進めている米国が、日本政府に対して自衛隊の派遣を含めた協力を要請していることがわかったと報じられている。地政学リスクが高まる可能性も。


■ランシステム、22/6期営業黒字転換を見込む

ランシステム<3326>の21年6月期決算は、営業損失が6.33億円だった。計画値の6.60億円の営業赤字からは損失額は縮小しての着地。22年6月期については営業損益は0.50億円の黒字転換を見込んでいる。直営店舗事業において、コワーキングスペースとしての利用促進や他企業向けにスペース貸しの実施を進めている。また、店内設備は、顧客自身で入場や精算が可能な「セルフ化店舗」への改装や、顧客のニーズの高い個室ブースへの入れ替え等を実施している。


■前場の注目材料

・ナスダック総合指数は上昇(14541.79、+15.87)
・シカゴ日経先物は上昇(27250、大阪比+40)
・SOX指数は上昇(3235.87、+27.04)
・米長期金利は低下
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・東京製鐵<5423>岡山でホットコイル再開、23年度めど年60万トン
・三菱ケミHD<4188>福岡に食品用乳化剤の新工場、BCP対策
・トヨタ<7203>9月に36万台減産、部品不足が深刻化
・伊藤忠<8001>ファミマと新会社、電子看板活用、店を第3のメディアに
・三井金<5706>熔錬工場の操業再開、豪雨被害で停止
・川重<7012>芝刈り機エンジン増強、米に新工場
・日本触媒<4114>バイオ誘導品共同調査、ENEOS・三菱商事と
・オンワードHD<8016>生産者がブランド直販、支援事業
・ACSL<6232>ドローンで風力発電点検、強風に耐える機体投入
・住友電工<5802>長寿命CBN焼結体チップ、車部品向け
・ポエック<9264>マリンリバーを買収、養殖設備向け強化
・アイコム<6820>無線機拡販、米代理人に製品知識試験
・NEC<6701>富士通と基地局装置の接続検証、5G市場活性化
・東芝<6502>理研とスケーラブルAI開発、性能と演算量調整可能に
・塩野義<4507>東南アで新型コロナワクチン治験、3万例目指す
・日立金属<5486>車金型用冷間ダイス鋼を量産化、被削性3.5倍向上
・日本板硝子<5202>ベンツSクラスにAR—HUD対応ガラス供給、工法進化
・キッセイ薬<4547>チロシンキナーゼ阻害剤、中国社に販売権


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 7月全国消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:-0.4%)

<海外>
・10:30 中・1年物ローンプライムレート発表(現行3.85%)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »