株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 京極運輸、弁護士ドットコム、グローバルウェイなど  8月20日07時32分

銘柄名<コード>19日終値⇒前日比
三井物産<8031> 2417.5 -156.5
19日は資源関連や素材株に一転売りが優勢の展開で。

マネックスグループ<8698> 626 -61
コインベースが日本でサービス提供開始と伝わり。

共栄タンカー<9130> 1045 -112
中小型海運株安の流れに押される。

スノーピーク<7816> 4795 -295
目先の上値到達感なども意識の展開か。

三井E&Sホールディングス<7003> 501 -26
原油安や海運株安などで売り優勢。

フジクラ<5803> 581 -28
18日にテクニカルリバウンドの反動も強まる。

東洋エンジニアリング<6330> 952 -71
原油市況の下落なども売り材料に。

TSIホールディングス<3608> 305 -15
信用買い方の手仕舞い売りなど優勢か。

日本製鉄<5401> 1949.5 -150.0
鉄鋼セクターは業種別下落率のトップに。

三櫻工業<6584> 1181 -77
25日線も割り込んで処分売り圧力強まる。

シチズン時計<7762> 467 -21
決算評価の動きにも一巡感で利食い優勢。

ジェイ エフ イー ホールディングス<5411> 1496 -98
主力の素材・資源関連株には売り集まる展開へ。

東京エレクトロン<8035> 42820 -1510
みずほ証券では投資判断を格下げ。

アウンコンサルティング<2459> 284 +80
AIマーケティングのawoo Japanと業務提携。

北日本紡績<3409> 237 +40
抗ウイルス紡績糸の開発進展で資金流入続く。

アクロディア<3823> 187 -3
「抗体パスポート」と「Antibody Passport」の商標登録完了と。

栗林商船<9171> 53109 -69
目先の上値到達感なども優勢か。

オプティマスグループ<9268> 2399 -61
18日は長い上ヒゲ残して伸び悩み。

関門海<3372> 294 -19
株主優待制度の見直しをマイナス視。

京極運輸<9073> 1404 +300
短期資金の関心再燃。

ビザスク<4490> 3955 +85
グローバル展開を加速するため米国Coleman社の買収へ。

リプロセル<4978> 319 +19
TEXCELL社とのGMP-iPS細胞マスターセルバンク製造委託に関する基本契約を締結。

弁護士ドットコム<6027> 6130 +220
クラウドサインと「いえらぶCLOUD」が業務提携。
高知県と電子契約の実証実験も開始。

ウェルスナビ<7342> 3845 ±0
「WealthNavi」で新機能「おまかせNISA」を提供するサービスが拡大。

スターツ出版<7849> 2930 +30
株主優待制度の新設を好感。

フェニックスバイオ<6190> 757 +100
改めて業績評価の動きか。

北川精機<6327> 662 +57
一部では決算期待との見方も。

グローバルウェイ<3936> 4805 +700
短期資金の関心続く。

アンジェス<4563> 739 +25
19日はバイオ株への物色散見。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »