株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続伸、終日強い値動きに  8月23日16時04分

 本日のマザーズ指数は大幅続伸となった。日経平均と同様に上昇して始まったマザーズ指数は、寄り付き後も上げ幅を順調に広げる展開に。さらに、後場には一段高となり、きょうの高値圏で取引を終えるなど終日強い値動きを見せた。なお、マザーズ指数は大幅続伸、売買代金は概算で1150.49億円。騰落数は、値上がり287銘柄、値下がり74銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、Pアンチエイジ<4934>がマザーズ売買代金トップにランクイン。結局は上げ幅を縮めたものの、直近IPO銘柄のシイエヌエス<4076>が一時2541円をつける場面も。また、国内証券による投資判断の格上げが観測されたChatwork<4448>もストップ高まで買われた。シック・ホールディングス<7365>も14万3000株(1億円)を上限に自社株買いを実施するとの発表が材料視され大幅高に。その他、FRONTEO<2158>、JMDC<4483>、Enjin<7370>、すららネット<3998>、ミンカブ<4436>、MacbeeP<7095>、ヤプリ<4168>などが買われた。一方、換金売りに押された直近IPOのFLN<9241>が急落。前週急騰していたインテM<7072>も利益確定の売りが優勢。また、グローバルウェイ<3936>も9%安に。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »