株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ニチコンが3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ  8月23日12時52分

 ニチコン<6996.T>が3日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が20日付で、投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価を1300円から1450円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 アルミ電解コンデンサの需要増加と同社の生産能力を勘案し、前提を見直したことを受けて、22年3月期の営業利益予想を40億円から50億円へ、23年3月期を同64億円から74億円へ引き上げたことが要因という。第1四半期にアルミ電解コンデンサの受注が急増し、第2四半期に入っても産機・車載を中心に増加が継続中であると指摘。現在、マレーシアの操業に制限が掛かっているが、下期以降は増産対応も進み、稼働が上昇するとしている。また、EV用フィルムコンデンサは原材料・物流費高騰が新たなコスト増要因に浮上しているが、歩留まり・生産性は着実に改善中で、今後、顧客への価格転嫁が進み、下期中に単月黒字転換と見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
飯田GHDが一時6%超高、国内大手証券は「1」へ引き上げ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にFLネット
富士急が大幅反落、「ド・ドドンパ」で4件の負傷報告


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »