株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日続伸、買い先行も伸び悩み、EC関連などに売り  8月24日16時22分

 本日のマザーズ市場では、前日にハイテク関連を中心に米国株が上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行した。ただ、米国での新型コロナウイルスワクチンの正式承認を受け、経済活動の再開が追い風となる旅行関連銘柄などに物色の矛先が向く一方、EC
(電子商取引)関連銘柄などには売りが出た。マザーズ指数は朝方にこの日の高値を付けると、その後伸び悩む展開となった。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1263.34億円。騰落数は、値上がり282銘柄、値下がり80銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のフリー<4478>やウェルスナビ<7342>が堅調で、ビジョナル<4194>は小幅に上昇。売買代金上位では直近上場のFLN<9241>などが買われ、JTOWER<4485>は10%の上昇となった。すららネット<3998>は業績上方修正を好感した買いが先行するも伸び悩み。また、インテM<7072>やデリバリコンサル<9240>はストップ高水準で取引を終えた。一方、時価総額上位のメルカリ<4385>やJMDC<4483>、売買代金上位のPアンチエイジ<4934>やBASE<4477>は軟調。直近上場のシイエヌエス<4076>は引けにかけて売りに押され、下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »