株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイン先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況~  8月25日08時51分

25日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況
■内田洋、21/7上方修正 営業利益102億円←90億円
■前場の注目材料:安川電、インバーター5割増産、福岡に自動化設備


■先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況

25日の日本株市場は、やや買い先行で始まろうが、次第にこう着感が強まりそうである。24日の米国市場ではNYダウが30ドル高だった。引き続き食品医薬品局(FDA)が国内で初めてファイザー・独ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンを正式承認したことが材料視されており、ワクチン普及による景気回復期待から買われた。ただし、連邦準備制度理事会(FRB)の経済シンポジウムを控えており、積極的な上値追いの動きは限られていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の27765円。円相場は1ドル109円60銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行で始まることになろう。日経平均は前日の上昇で上値抵抗の25日線を捉えてきており、シグナル好転が意識される一方で、戻り一巡感が意識されるなど、強弱感が対立しやすい。同線を支持線に底堅さを見せてくるかがセンチメントに影響を与えることになるだろう。また、東証1部の売買高は連日で10億株を下回っており、薄商いの状況である。先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況であることから、足元でショートカバーの動きを見せてきているクレディスイスによる売買が注目されることになるだろう。

新型コロナウイルスの感染拡大によって政府は、緊急事態宣言の対象地域に、北海道、宮城など8道県を追加する方針を固めた。期限はいずれも、これまで対象となっている地域と同じく、来月12日までとする方針。これにより、緊急事態宣言の対象地域は、21都道府県に拡大され、重点措置の適用地域は12県となるなか、積極的な売買は手控えられやすい。そのため、よりインデックスに絡んだ売買に振らされやすくなるだろう。

物色の流れとしては、景気敏感株に向かいやすいものの、ナスダックが連日で最高値を更新するなか、ハイテク株を見直す動きが意識されやすい。また、政策運営への不透明感がくすぶるなか、経済対策への期待が高まりやすく、コロナ対策のほか、脱炭素に関連した銘柄への物色も見られそうだ。


■内田洋、21/7上方修正 営業利益102億円←90億円

内田洋<8057>は2021年7月期業績予想の修正を発表。営業利益を90億円から102億円に上方修正している。コンセンサス(90億円程度)を上回る。コロナ禍においても民間市場の需要回復が進み、情報関連事業分野、オフィス関連事業分野とも想定以上に推移。また、コロナ対応の補正予算の文部科学省GIGAスクール構想案件は概ね終了したものの、一部が当四半期にも計上された。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(27732.10、+237.86)
・NYダウは上昇(35366.26、+30.55)
・ナスダック総合指数は上昇(15019.80、+77.15)
・シカゴ日経先物は上昇(27765、大阪比+25)
・SOX指数は上昇(3345.39、+3.39)
・米原油先物は上昇(67.54、+1.90)
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・安川電<6506>インバーター5割増産、福岡に自動化設備
・コタ<4923>研究専用新棟、高機能ヘアケア開発加速
・りそなHD<8308>京葉銀とアプリなどデジタル軸に提携、資本関係結ばず
・パナソニック<6752>事業会社「パナソニック」、本部機能を東京に、グローバル展開加速
・ANA<9202>ピーチとの連携強化、下期、観光路線・国内10便を移管
・ホンダ<7267>狭山工場を来月6日の1日のみ停止
・マツダ<7261>広島本社と防府工場の操業停止、車載電装品調達に支障
・東ガス<9531>都市ガス供給支障、復旧あす以降に
・住友商事<8053>英社と協業、豪でグリーン水素製造
・アルプスアル<6770>ドラレコで車両位置管理、レンタカー向けシステム
・武蔵精密<7220>産学で新規事業開拓、ロボ・バイオ領域で連携
・井関農機<6310>東南ア一貫体制、営業・マーケ・製販・保守
・グローリー<6457>英金融系新興に出資、金融機関向け製品拡充
・ホシデン<6804>超低反射タッチパネル、来年6月サンプル出荷
・日本ユニシス<8056>旅行商材を拡充、アソビューと連携
・住友化学<4005>半導体用高純度ケミカル、愛媛・韓国で能力増強
・リケンテクノス<4220>タイで塩ビ混練設備増設


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・10:30 中村日銀審議委員あいさつ(宮崎、午後会見)

<海外>
・07:45 NZ・7月貿易収支(6月:+2.61億NZドル)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »