株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅に3日続伸、ソフトバンクGが1銘柄で約23円分押し上げ  8月25日12時39分

25日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり123銘柄、値下がり98銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は小幅に3日続伸。1.01円高の27733.11円(出来高概算4億7730万株)で前場の取引を終えている。

24日の米株式市場でのNYダウは30ドル高(+0.09%)と小幅ながら3日続伸。引き続き当局による新型コロナウイルスワクチン正式承認を受けた景気回復期待が支援材料に。原油高や企業の好決算も手伝い終日堅調に推移した。ハイテクも強く、ナスダック総合指数は連日で史上最高値を更新した。米株高を素直に好感した本日の日経平均は36.03円高の27768.13円でスタートすると、そのまま165.62円高の27897.72円まで上げ幅を拡げた。ただ、28000円が視野に入るなか、今週に入って既に900円近くも上昇していただけに、その後は戻り待ちの売りに押された。前引けにかけて失速し、結局、前日終値とほぼ同水準で終えている。

個別では、前日の米株市場の動向を映した物色となっており、INPEX<1605>、日本製鉄<5401>、JFEHD<5411>、UACJ<5741>、DOWAHD<5714>、三井金属<5706>などの資源関連株が大きく上昇している。なお、日本製鉄は、トヨタ<7203>が部品会社向けの鋼材卸売り価格を下期から値上げするとの報道が、JFEHDは証券会社による業績上方修正などがそれぞれ追加の刺激材料となっているもよう。また、アルミ大手のUACJも、ダイキン<6367>が主力のエアコンに使用する素材を銅からアルミニウムに切り替える方針との報道が追加の支援材料になっているようだ。そのほか、開発中の新型コロナワクチンの初期の臨床試験で安全性を確認したと発表した塩野義<4507>が急伸し年初来高値を更新している。

一方、公募・売出実施による希薄化や需給悪化懸念からコロワイド<7616>が急落。業績上方修正を発表も出尽くし感が優勢となった内田洋行<8057>は朝方は買いが先行したものの伸び悩んで反落。8月既存店売上高が前年同月比で18.5%減となったニトリHD<9843>は窓を開けて大きく下落している。

東証1部の売買代金上位ではソフトバンクG<9984>が久々の大幅上昇。米国市場での中国ADR(米国預託証券)の下落一服感などが好感されているようだ。そのほか、トヨタやデンソー<6902>などの輸送用機器が大きく上昇、レーザーテック<6920>、第一三共<4568>、ベイカレント<6532>、ヤマハ発<7272>、ZHD<4689>、JAL<9201>、楽天グループ<4755>なども大幅高となっており、東邦アセチレン<4093>は商いを伴って3日連続の急伸劇となっている。

セクター別では鉱業、輸送用機器、鉄鋼などが上昇率上位に並んでいる一方、小売業、化学、パルプ・紙などが下落率上位に並んでいる。東証1部の値上がり銘柄は全体の45%、値下がり銘柄は48%となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクGとなり1銘柄で日経平均を約23円押し上げた。同2位は塩野義製薬となり、第一三共、トヨタ、デンソーなどがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約10円押し下げた。同2位はエムスリー<2413>となり、リクルートHD<6098>、テルモ<4543>、信越化<4063>などがつづいた。

*11:30現在


日経平均株価  27733.11(+1.01)

値上がり銘柄数 123(寄与度+110.31)
値下がり銘柄数  98(寄与度-109.30)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6287           108 +23.34
<4507> 塩野義          7167           377 +13.58
<4568> 第一三共         2630          84.5 +9.13
<7203> トヨタ          9477           205 +7.38
<6902> デンソー         7453           130 +4.68
<4519> 中外薬          4294           32 +3.46
<6954> ファナック       23630           95 +3.42
<3659> ネクソン         2122           41 +2.95
<2801> キッコーマン      7840           80 +2.88
<7269> スズキ          4658           77 +2.77
<7733> オリンパス       2298           17 +2.45
<6305> 日立建          3165           60 +2.16
<6758> ソニー         11445           60 +2.16
<8015> 豊通商          4780           50 +1.80
<4755> 楽天グループ      1115           36 +1.30
<8830> 住友不          3517           35 +1.26
<9009> 京成           3435           60 +1.08
<7272> ヤマハ発         2590           25 +0.90
<5714> DOWA           4595           120 +0.86
<7267> ホンダ          3293           12 +0.86

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8035> 東エレク        44680          -290 -10.44
<2413> エムスリー       7306           -91 -7.86
<6098> リクルートHD      6303           -66 -7.13
<4543> テルモ          4525           -47 -6.77
<4063> 信越化         17855          -185 -6.66
<6857> アドバンテ       8980           -70 -5.04
<6367> ダイキン        26580          -130 -4.68
<6971> 京セラ          6700           -61 -4.39
<3382> 7&iHD           4939           -94 -3.39
<4021> 日産化学         5940           -90 -3.24
<9735> セコム          8415           -89 -3.21
<6724> エプソン         2117           -40 -2.88
<9983> ファーストリテ    73380           -80 -2.88
<6988> 日東電          8280           -80 -2.88
<4452> 花王           6752           -78 -2.81
<9433> KDDI           3394           -10 -2.16
<6645> オムロン        10090           -60 -2.16
<5332> TOTO           6040           -90 -1.62
<8267> イオン          3054           -41 -1.48
<6506> 安川電          5410           -40 -1.44



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »