株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~時価総額上位の中小型株への見直し買いも意識されやすい~  8月26日08時45分

26日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:時価総額上位の中小型株への見直し買いも意識されやすい
■スターティアH、22/3上方修正 純利益1.4億円←0.5億円
■前場の注目材料:デンソー、半導体合弁にデンソー参加、ソニー・TSMC計画進展


■時価総額上位の中小型株への見直し買いも意識されやすい

26日の日本株市場は、こう着ながらも底堅い相場展開が見込まれる。25日の米国市場はNYダウが39ドル高だった。利益確定の動きが先行したものの、7月耐久財受注速報値が予想ほど落ち込まず、安心感が広がり上昇に転じた。製薬会社ファイザー・ビオンテックがブースター接種の正式承認を目指した申請を当局に提出したとの報道で、ワクチン普及による経済回復への期待に伴う買いが一段と強まった。また、ハイテクも引き続き強く、ナスダックは3日連続で史上最高値を更新した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の27800円。円相場は1ドル110円00銭で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い優勢の展開になりそうだ。買い一巡後は次第にこう着感が強まりそうだが、日経平均は27700円水準での底堅さが意識されており、28000円を窺う流れも期待されてきそうである。先物市場ではクレディスイスによる売買に関心が集まっており、足元ではショートカバーのトレードが目立っている。薄商いのなかでは先物主導の売買に影響を受けやすく、底堅い値動きが続くようだと、ショートカバーを意識した押し目狙いの動きも次第に強まってきそうだ。

なお、米国では長期金利の上昇を受けて金融株が買われているほか、半導体株への物色も続いている。為替市場では1ドル110円台と円安に振れて推移していることもあり、輸出関連などへの物色の広がりが意識されやすい。円安や米半導体株の物色の流れにより、指数インパクトの大きい値がさハイテク株の動向も注目されよう。

なお、物色の流れとしては先物主導によるインデックス売買に振らされやすいだろうが、足元でマザーズ指数のリバウンドが続くなか、個人主体の中小型株への物色は活発になりやすい。ナスダックの最高値更新の流れにより、低迷が続いていた時価総額上位の中小型株への見直し買いも意識されやすい。そのほか、政権運営への不透明感がくすぶるなか、経済対策への思惑が高まりやすいことから、脱炭素などのテーマ株物色も意識されそうだ。


■スターティアH、22/3上方修正 純利益1.4億円←0.5億円

スターティアH<3393>は2022年3月期業績予想の修正を発表。純利益を0.5億円から1.4億円に上方修正している。保有資産の有効活用を図るため投資有価証券を売却したことによるの売却益を計上している。


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(35405.50、+39.24)
・ナスダック総合指数は上昇(15041.86、+22.06)
・シカゴ日経先物は上昇(27800、大阪比+60)
・1ドル109円90-00銭
・SOX指数は上昇(3372.55、+27.16)
・VIX指数は低下(16.79、-0.43)
・米原油先物は上昇(68.36、+0.82)
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・デンソー<6902>半導体合弁にデンソー参加、ソニー・TSMC計画進展
・コンテック<6639>太陽光電力の逆潮流防ぐ、AI制御装置
・住友林業<1911>木造人工衛星実現へ、京大と12月に宇宙で暴露実験
・マツダ<7261>操業停止期間延長、広島本社・防府工場
・三菱電<6503>品質保証専門組織を新設、不適切検査問題で企業風土変革
・三井物産<8031>日鉄物産と繊維事業、来年統合
・村田製作所<6981>福井工場停止、31日まで、新型コロナ集団感染
・トヨタ<7203>ソフト開発基盤「アリーン」 5年以内に実用化
・マツダ<7261>中国合弁の出資構成見直し、関係深化、販売体制を効率化
・アルテック<9972>太陽光発電に参入、中国社と合弁
・日立<6501>EV充電技術開発、設置面積40%削減
・NSSOL<2327>デジタル製造業の売上高750億円
・朝日インテック<7747>5カ年中計策定、ガイドワイヤ強化、売上高78%増1100億円
・サイバーダイン<7779>ジェイ・ワークアウトと提携、リハビリ新サービス
・エーザイ<4523>リンパ腫に効能効果とする抗がん剤
・三菱ケミHD<4188>半導体材の開発・生産強化、福岡に試作棟
・三菱ケミHD<4188>ブロックチェーンでプラ原料・加工情報追跡、大日印などと実験
・塩野義<4507>コロナワクチン、副反応は軽度か中等度、初回接種の60例
・アンジェス<4563>コロナワクチン追加治験、免疫原性高める
・ニプロ<8086>東大病院とコロナ重症化予測、AI使いシステム


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »