株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は小幅反発、朝高後もみ合い、ジャクソンホール前に様子見  8月26日15時52分

日経平均は小幅反発。25日の米国市場でNYダウは4日続伸し、39ドル高となった。7月の耐久財受注が予想ほど落ち込まず、引き続き新型コロナウイルスワクチンの普及に期待した買いも入った。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで68円高からスタートすると、朝方には一時27828.28円(前日比103.48円高)まで上昇。しかし、27日からの米経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」を前に様子見ムードが強く、香港・上海株が軟調だったこともあり、前場中ごろを過ぎると度々マイナスに転じる場面があった。

大引けの日経平均は前日比17.49円高の27742.29円となった。東証1部の売買高は8億6075万株、売買代金は2兆0060億円だった。業種別では、空運業、鉄鋼、陸運業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、その他製品、化学が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の58%、対して値下がり銘柄は38%となった。

個別では、売買代金トップのレーザーテック<6920>が4%近い上昇。前日の米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が上昇し、東エレク<8035>などの堅調ぶりも目立った。
三菱UFJ<8306>などのメガバンク株は米長期金利の上昇でしっかり。経済活動の正常化が期待されるJAL<9201>、製品値上げが相次ぎ伝わっている日本製鉄<5401>は2~3%上昇した。トヨタ自<7203>やファーストリテ<9983>は小高く、ぐるなび<2440>は増資、ケーズHD<8282>は自社株買いを好感した買いが先行。また、オルトプラス<3672>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、任天堂<7974>、郵船<9101>、ソニーG<6758>が軟調で、ソフトバンクG<9984>は小安い。塩野義<4507>は利益確定売り優勢で2%超下落した。また、タカショー<7590>が好決算ながら材料出尽くし感から売られ、東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »