株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

久光製薬が続伸、フェントステープの小児がん疼痛患者への適応拡大が承認  8月26日09時15分

 久光製薬<4530.T>が続伸。25日の取引終了後、経皮吸収型持続性疼痛治療剤「フェントステープ」の小児がん疼痛患者への適応拡大に関する承認事項一部変更承認を取得したと発表しており、これが好感されている。

 同社は小児がん疼痛患者(2歳以上20歳未満)を対象にフェントステープの臨床試験を行い、有効性及び安全性を確認した。今回の承認により、同剤が小児がん疼痛の適応を持つ初の強オピオイド経皮吸収型製剤として、がん疼痛治療の新たな選択肢となることが期待されるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東芝は4連騰、キオクシアと米ウエスタンデジタルの合併報道でマーケットの視線集中
アクセルMがカイ気配スタート、電通などとNFTサービス共同開発へ◇
東京株式(寄り付き)=反発、コロナ警戒で上値は重い展開か


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »