株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コカBJHが続落、国内有力証券が投資判断を引き下げ  8月27日14時09分

 コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス<2579.T>が続落している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が26日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アンダーウエート」とし、目標株価を2000円から1300円に引き下げたことが嫌気されている。

 投資判断の引き下げは、21年12月期~22年12月期にかけて事業赤字が続くと見ており、来期は原料高も重石となること、足もとの販売数量の増加が利益増につながっておらず、かつ飲料市場は値上げが難しいとみており、当面大幅な限界利益の改善が見込みづらいこと、今上期は事業赤字のため配当利回りが株価の下支え要因とはなりにくいと考えることなどが要因という。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
神戸物産が4日ぶり反落、7月営業利益15%増も伸び率鈍化
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
大王紙が4日ぶり反発、国内大手証券が目標株価を引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »