株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

HENNGEがカイ気配スタート、「標的型攻撃」対策サービスを開始と報じられる  8月30日09時04分

 HENNGE<4475.T>がカイ気配スタートとなっている。きょう付けの日本経済新聞電子版で「特定の企業や組織を狙い、マルウエア(悪意のあるプログラム)付きのメールを送りつける『標的型攻撃』の対策サービスを10月1日に始める」と報じられており、これが好材料視されている。

 記事によると、追加する新サービス「クラウドプロテクション」は、米マイクロソフト<MSFT>の「アウトルック」などメールソフトのクラウドと、HENNGEがID管理サービスを運用するクラウドを連携させ、外部からのメールがクラウドに届くと、利用者が受信する前にHENNGE側のクラウドで診断し、安全性を確認できたメールだけ受信を認めるという。なお、診断にはフィンランドのサイバー対策企業エフセキュアのエンジンを採用したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<08月27日のストップ高銘柄>
東京株式(寄り付き)=反発、米株高受け買い優勢でスタート
30日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万7865円(+225円)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »