株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱UFJ、第一生命HDなど売りに押される、米長期金利低下で金融株安が波及◇  8月31日09時13分

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>などメガバンクや第一生命ホールディングス<8750.T>など大手生保株が軟調な動き。前日の米国株市場では大手金融株が総じて売られたが、これは米10年債利回りが終値ベースで1.279%まで低下したことで運用利ザヤの縮小思惑がネガティブ視された。東京市場でも米国事業を展開する大手の銀行・生保には逆風材料となる。ただ、一方で配当利回りの高さに着目した買いも観測されている。低PER・高配当利回り株の宝庫として大口投資家の押し目買いを誘導している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(寄り付き)=売り先行、米株高安まちまちで気迷いムード
31日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万7705円(-40円)
31日の株式相場見通し=売り優勢か、月末安アノマリー意識


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »