株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DLEは反発、24年3月期営業損益4億円の中期計画策定が株価刺激◇  8月31日09時18分

 ディー・エル・イー<3686.T>が反発。8月23日につけた安値303円をターニングポイントに浮上の兆しにある。同社は朝日放送グループホールディングス<9405.T>傘下でキャラクター開発のマーケティングなどを行う。30日取引終了後に中期経営計画の策定を発表した。それによると、24年3月期に売上高39億円(21年3月期実績11億1700万円)、営業損益4億円の黒字(同5億1400円の赤字)を目指すというもので、これが株価を刺激する格好となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<08月30日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄>
リボミックが大幅反発、「RBM-007」の米第2相臨床試験で患者の組み入れが完了
レーザーテックが7日続伸、SOX指数が満を持して最高値更新


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »