株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

中山鋼は大幅続伸で3カ月半ぶりに新高値、営業利益倍増・増配でもPBR0.3倍台  8月31日10時30分

 中山製鋼所<5408.T>の上げ足に勢いがついている。きょうは8%を超える大幅続伸で500円台に乗せ、3カ月半ぶりに年初来高値を更新した。鋼板や棒鋼、コイル製品など鉄鋼メーカーの老舗で熱延技術に強みを持っているが、独自技術で製造するNFG(微細粒熱延鋼板)はスーパーメタルとして注目度が高い。22年3月期は営業利益倍増で増配も計画するが、PBRが0.3倍台前半と解散価値の3分の1水準にあることで、依然として割安感が強く意識されている。過去に特定資金の攻勢に伴う大相場を経験し、1990年2月に修正後株価で2万2400円という最高値をつけたことでも知られる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<08月30日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
明日の株式相場に向けて=「中低位株スーパーサイクル」で何を狙う?
東京株式(大引け)=148円高、米株高受け上値指向で後場買い直される


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »