株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=B&P、増額修正含みで投資妙味  9月03日10時00分

 ビーアンドピー<7804.T>に注目したい。同社は業務用インクジェットプリンターを使用した販促用の広告制作を手掛けるが、広告市場が回復するなか営業などを強化し足もとの業績は急回復している。1日に発表した第3四半期累計(20年11月~21年7月)の単独営業利益は1億8500万円(前年同期比0.4%増)と微増益だった。しかし、直近の四半期(5~7月)では3500万円(同8.8倍)と大幅な増益となっている。

 リアルとデジタルを組み合わせた商品の提案や生産効率化など利益率の向上を図った取り組みが奏功した。会社側は21年10月期通期の同利益が2億5600万円(前期比23.3%増)と計画しているが、市場では3億円前後に上振れするとの見方もある。

 株価は、第3四半期決算の発表後に材料出尽くし感から利益確定売りに押され下落した。しかし、中期的成長性は高く、この押し目は拾い場。ここから3月3日につけた年初来高値1241円を目指す展開が期待できる。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
エネチェンジ大幅続伸、次世代スマートメーター用アプリの米企業に出資
3日韓国・KOSPI=寄り付き3189.71(+13.86)
リンクユーが3日ぶり反発、中国漫画アプリ配信会社小明太極とライセンス契約締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »