株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ナノキャリアが反発、キッズバイオと共同研究契約を締結◇  9月09日09時43分

 ナノキャリア<4571.T>が反発している。8日の取引終了後、キッズウェル・バイオ<4584.T>と乳歯歯髄幹細胞(SHED)を基盤とした強化型細胞医薬「デザイナー細胞」の開発に向けて、共同研究契約を締結したと発表した。

 今回行われる共同研究は、キッズバイオのSHEDとナノキャリアのナノミセル技術を組み合わせることで、主にSHEDへの効率的なmRNA(メッセンジャーRNA)導入法の開発と、それにより創成した治療効果や疾患部位指向性を強化した遺伝子導入型デザイナーSHEDの有効性検証が目的。取り組みによりSHEDへの有効なmRNAを用いる遺伝子導入法の確立に至れば、種々の遺伝子を簡便に導入することが可能となり、細胞のさらなる機能強化や疾患に合わせた遺伝子導入型デザイナー細胞の創成に貢献すると見込んでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
キッズバイオがナノキャリアと共同研究契約を締結◇
タカトリは一時15%高、パワー半導体向けSiC材料切断加工装置の大口受注を獲得
三菱商が7連騰で新値街道、資源価格上昇と配当利回りに着目した機関投資家の買い


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »