株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

鎌倉新書が急反落、第2四半期は営業損益黒字転換も材料出尽くし感  9月10日09時34分

 鎌倉新書<6184.T>が急反落している。9日の取引終了後に発表した第2四半期累計(2~7月)連結決算は、売上高17億9200万円(前年同期比29.3%増)、営業利益2億7300万円(前年同期8100万円の赤字)、最終利益1億8400万円(同7800万円の赤字)と営業損益が黒字転換したものの、目先の材料出尽くし感から売られているようだ。

 度重なる緊急事態宣言の発動などで一部事業にコロナ禍の影響は残るものの、「遺産相続ガイド」の買収などでWeb集客の強化を行ったことが寄与し相続事業が好調に推移した。また、大手企業とのアライアンスとして第一生命、SMBCとの終活事業への取り組みが順調に進捗したことや、官民協働事業で80自治体と提携したことも寄与した。

 なお、22年1月期通期業績予想は、売上高40億9000万円(前期比26.3%増)、営業利益7億2000万円(同2.7倍)、最終利益5億円(同2.8倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
鎌倉新書の第2四半期営業損益は大幅黒字転換
<個人投資家の予想> 09月10日 09時
シマノが小幅反発、ToSTNeT―3で33万株を取得へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »