株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

多摩川HDが4連騰、新しい小型原子時計のガスセルの作製に成功  9月13日09時16分

 多摩川ホールディングス<6838.T>が4連騰している。前週末10日の取引終了後、人工衛星や通信基地局などに利用される小型原子時計の重要な構成部品であるガスセルを小型かつ低コストに製造する方法の実証に成功したと発表しており、これが好材料視されている。

 今回開発した技術は、東北大学と共同で進めてきた研究開発で、同社では実証成功により今後、ガスセル単体の販売を視野に入れた仕様などの聞き取りと、更なる研究開発を進めるという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
神島化が軟調地合いに抗しカイ気配で3連騰、5~7月期営業9割増益と絶好調
SGHDが反発、日本郵便との協業発表が株価刺激材料に◇
セルソースはカイ気配で水準切り上げる、11~7月期営業益2.7倍で株式3分割も発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »