株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

学情はマド開け大幅高で75日線超え、5~7月期営業利益倍増で注目集まる  9月14日09時44分

 学情<2301.T>が3連騰、一時83円高と値を飛ばした。マドを開けて75日移動平均線を上回り戻り足を加速させている。就職情報大手で転職用サイトなども運営する。合同企業説明会などに強みを持ち、新型コロナウイルス感染拡大の影響はあるものの、非接触型の採用活動の増加に対応して動画関連サービスを中心とする採用オンライン化需要などを取り込み、収益回復に結びつけている。13日取引終了後に発表した20年11月~21年7月期決算は営業利益が前年同期比31%増の7億1400万円と大幅な伸びを達成、特に第3四半期の5~7月期だけで見た場合は前年同期比98%増とほぼ倍増の高変化を示した。これを評価する買いを引き寄せている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ユークスがS高カイ気配、新規案件の獲得が順調に進み22年1月期業績予想を上方修正
ネオマーケ反発、慶應義塾大学SFC研究所との共同研究スタート
<個人投資家の予想> 09月14日 09時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »