株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

稲葉製作が大幅反落、22年7月期は実質減益で減配見通し  9月14日11時03分

 稲葉製作所<3421.T>が大幅反落している。13日の取引終了後に発表した22年7月期連結業績予想では、売上高376億8000万円、営業利益20億8000万円、純利益16億7000万円を予想。会計基準変更のため前期との比較はないものの、実質25%営業減益を見込み、年間配当で前期比6円減の26円を予定していることが嫌気されている。

 コロナ禍における需要の変化により鋼製物置の需要が増えており、実質増収を見込むものの、価格高騰による材料費の増加や犬山工場・鋼製物置ラインの更新、新製品開発などによる減価償却費の増加が利益を圧迫する見通しだ。

 なお、21年7月期決算は、売上高377億9900万円(前の期比9.3%増)、営業利益27億6400万円(同46.2%増)、純利益23億6500万円(同73.6%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SYSHDが4日続伸、22年7月期増収増益見通しで自社株買いや株式分割も
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にロングライフ
14日中国・上海総合指数=寄り付き3709.6336(-5.7387)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »