株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アクシージアは一時12%安、22年7月期増収増益見通しも目先利益確定売り  9月14日14時51分

 アクシージア<4936.T>は大幅安、一時11.6%安の1072円まで売られる場面があった。13日の取引終了後、21年7月期決算を発表。売上高は57億8700万円(前の期比34.9%増)、営業利益は13億8300万円(同28.5%増)だった。続く22年7月期業績予想は、売上高は71億1700万円(前期比23.0%増)と2ケタ増収を継続する一方、営業利益は14億6600万円(同6.1%増)と前期に比べ増益率が鈍化する見通しとなったことから、目先利益確定売りが優勢となっているようだ。

 前期は、コロナ禍に伴う巣ごもり需要やインターネット購入の拡大が追い風となった。今期については、国内の個人消費は2021年の後半から22年に徐々に持ち直すと予想し、インバウンド需要は22年以降の回復を想定している。また、同社が主要市場とする中国市場については、コロナ禍の影響からいち早く脱却し、アフターコロナの新常態が具現化すると予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にFインタ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にタンゴヤ
スキヤキが大幅反落、非ストック売り上げ減少し22年1月期営業利益予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »