株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

J・TECが後場上げ幅を拡大、自家培養口腔粘膜上皮「オキュラル」の保険収載了承  9月15日13時29分

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.T>が後場上げ幅を拡大している。午前11時45分ごろ、きょう開催の中央社会保険医療協議会総会で、同社の自家培養口腔粘膜上皮「オキュラル」が12月1日付で保険収載されることが了承されたと発表しており、これが好感されている。

 「オキュラル」は、角膜上皮幹細胞疲弊症によって角膜が広範囲に障害を受け、視力が著しく低下した患者に対する新たな治療法として期待されている製品で、口腔粘膜上皮細胞を用いて角膜上皮幹細胞疲弊症を治療する世界初の再生医療等製品となる。なお、22年3月期業績への影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
海運株が異彩の強調展開、業種別では唯一プラスでユナイテド海などの上げ足目立つ◇
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
いちよしが後場プラスに転じる、中間配当は4円増配の19円を実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »