株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=188円安、米株高も買い続かず利益確定売りで続落  9月16日15時48分

 16日の東京株式市場は、前日の米株高を受け朝方は買いが先行したものの、その後は利益確定の動きが優勢となり日経平均はマイナス圏に転じた。ただ、後場後半は下げ渋った。

 大引けの日経平均株価は前営業日比188円37銭安の3万323円34銭と続落。東証1部の売買高概算は12億6150万株、売買代金概算は3兆4660億円。値上がり銘柄数は892、対して値下がり銘柄数は1186、変わらずは110銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場で主要株3指数が揃って上昇したことを受け、主力株をはじめ広範囲に買いが先行したが上値は重く、その後は一転して利益確定売りに押される展開となった。来週のFOMCの結果を見極めたいとの思惑が買いを手控えさせた。日経平均の下げ幅は一時300円を超え3万200円近辺まで水準を切り下げる場面もあったが、午後1時を過ぎたあたりから波動が変わり次第に下げ幅を縮小する動きに。中国や香港などアジア株市場が軟調で市場心理を冷やす一方、あすの自民党総裁選の告示を前に、新政権下での経済対策への期待感などから押し目買いを誘う格好となった。業種では石油や資源関連が値上がり上位に。売買代金は3兆4000億円台と高水準で、前週からの2週間で3兆円を下回ったのは1営業日にとどまっている。

 個別では、売買代金トップの日本郵船<9101.T>が朝高後に値を崩しやすくなったほか、レーザーテック<6920.T>、東京エレクトロン<8035.T>なども下落した。ソフトバンクグループ<9984.T>が冴えず、キーエンス<6861.T>、任天堂<7974.T>も水準を切り下げた。日本電子<6951.T>、エムスリー<2413.T>も軟調。宮越ホールディングス<6620.T>が急落、プロレド・パートナーズ<7034.T>、イーレックス<9517.T>も大幅安となった。

 半面、トヨタ自動車<7203.T>がしっかり、ファーストリテイリング<9983.T>も買いが優勢だった。ソニーグループ<6758.T>も頑強な値動き。NSユナイテッド海運<9110.T>が活況高となったほか、乾汽船<9308.T>が値を飛ばした。ブラス<2424.T>が値上がり率トップに買われ、ストップ安の続いていた東京機械製作所<6335.T>も大きく切り返した。日本空調サービス<4658.T>が急伸、ジェイリース<7187.T>が物色人気。ギフト<9279.T>も高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・16日>(大引け)=日鋳造、ユビテックなど
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい圏
東京株式(前引け)=続落、朝高後に利益確定売り圧力が表面化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »