株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日本理化が地合い悪のなか5連騰と気を吐く、水素関連としてテーマ買い加速  9月16日12時47分

 新日本理化<4406.T>が全般下げ相場のなか5連騰と気を吐いている。一時25円高の381円まで買われる場面があった。界面活性剤など化学品や医薬中間体などに展開する。オレオケミカル分野で先駆し、EV向け駆動オイルや水素添加技術などに定評がある。自民党総裁選は誰が勝利しても、既に世界的テーマである脱炭素に向け政策的フォローは継続することが確実視されている。再生可能エネルギーのほか日本が強みとしている水素分野への期待が大きい。そのなか、同社は高圧水素化をはじめ高度な製造技術を持ち、水素の研究拠点として、京都R&Dセンターを5月から稼働させていることも投資マネーを誘引する手掛かり材料となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<09月15日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
リスモンが3日ぶりに反発、BPO事業者のシップスを子会社化
積水ハウスが反発、国内大手証券が目標株価を引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »