株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

学情が続落、国内有力証券は「ホールド」に引き下げ  9月16日14時49分

 学情<2301.T>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は15日、同社株のレーティングを「バイ」から「ホールド」に引き下げた。目標株価は1900円から1500円に見直した。若年採用の好環境に支えられた「Re就活」を中心とする中長期的利益成長への注目は変わらないが、MSワラント発行に伴う希薄化、業界平均PERに対するディスカウントを反映すると株価上昇余地は乏しいとみている。21年10月期の連結営業利益予想は前期比34.6%増の16億円(会社予想15億7000万円)で据え置くが、22年10月期の同利益は従来予想の20億円から19億円に若干下方修正している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
堺商事は後場急伸、22年3月期業績予想と年間配当計画を上方修正
<個人投資家の予想> 09月16日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にヘリオス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »