株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル109円80銭台、河野氏、GDPギャップ22兆円を埋める  9月17日14時27分

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円80銭台で推移。自民党総裁選の有力候補の一人である河野氏は、22兆円の需要不足・GDPギャップを埋めるために、子育て支援など、未来につながる前向きな投資が必要との見方を示した。また、賃上げ企業に対する法人減税にも言及したもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が187.17円高と本日の高値圏での推移が続いている。米ナスダックが上昇した流れを受けて、半導体関連銘柄が上昇して相場をけん引しているもようだ。また、ソフトバンクG<9984>や東京エレクトロン<8035>など指数に寄与度の高い銘柄が上昇して相場を下支えしているもようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »