株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=176円高と3日ぶり反発、値頃感からの買いで堅調   9月17日15時39分

 17日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発。下値には値頃感からの買いが流入し堅調な値動きとなった。

 大引けの日経平均株価は前日比176円71銭高の3万500円05銭。東証1部の売買高概算は15億9933万株。売買代金概算は4兆3205億円となった。値上がり銘柄数は1423と全体の約65%、値下がり銘柄数は645、変わらずは119銘柄だった。

 前日の米株式市場では、NYダウは63ドル安と下落したが、ナスダック指数は上昇と高安まちまちだった。米長期金利の上昇でハイテク株などが軟調だった。こうした流れのなか、東京市場は買い優勢でスタート。前日までの2日間の下落で値頃感が出た銘柄の下値を拾う動きも強まり、半導体関連株や海運株などが買われた。ただ、3連休を控えていることもあり、後場に入ってからは様子見姿勢が強まり3万500円前後での一進一退状態が続いた。

 個別銘柄ではソフトバンクグループ<9984.T>やキーエンス<6861.T>が値を上げた。レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体関連株が高く、日本郵船<9101.T>や商船三井<9104.T>など海運株が買われた。ベイカレント・コンサルティング<6532.T>やエムスリー<2413.T>が上昇し、プレミアアンチエイジング<4934.T>やグローバルウェイ<3936.T>、Birdman<7063.T>といった東証マザーズ上場の小型株が商いを伴い値を上げた。

 半面、JR西日本<9021.T>やファーストリテイリング<9983.T>が安い。3000億円のユーロ円CBの発行を発表した日本製鉄<5401.T>が大幅安となり、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>が連想売りで値を下げた。ダイキン工業<6367.T>やHOYA<7741.T>が軟調で日本電産<6594.T>や村田製作所<6981.T>、SUMCO<3436.T>が下落した。セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>や富士フイルムホールディングス<4901.T>も軟調だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に日本製鉄
11月MSCI入れ替え予想、商船三井や太陽誘電などが新規採用も◇
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は小幅に上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »