株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ミダックHD急反発、子会社が持つ最終処分場の埋め立て容量を増量へ  9月17日09時39分

 ミダックホールディングス<6564.T>が急反発している。同社は16日取引終了後に、子会社のミダックが保有する既存最終処分場(遠州クリーンセンター及び浜名湖クリーンセンター)の変更許可申請(埋め立て容量の増量)を行うと発表しており、これが買い手掛かりとなっているようだ。

 最終処分場の受託量が順調に拡大しており、埋め立て容量を増量することで今後見込まれる旺盛な埋め立て需要に対応するとともに、事業の競争力や中長期の収益基盤の更なる強化につなげるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
17日韓国・KOSPI=寄り付き3127.75(-2.34)
日本製鉄が一時8%超安と急落、3000億円のユーロ円CB発行で希薄化へ警戒感
イーレックスが大幅反発、山梨県で国内初の水素専焼発電所を建設


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »