株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日本理化は波乱相場でも異色の上昇波形成、水素関連の好業績株として人気継続  9月21日09時33分

 新日本理化<4406.T>は全体急落相場に抗して異色の上昇トレンドを継続している。9月に入ってから前日まで株価を3割以上も上昇させているが、きょうも大口の投資資金が流入して利益確定売りをこなし、一時5%を超える上昇をみせるなど気を吐いている。オレオケミカル分野を得意とする化学メーカーで界面活性剤のほか医薬中間体なども手掛けている。水素添加技術に定評があり、水素の研究拠点として京都R&Dセンターも開設。世界的に「脱炭素」に向けた動きが加速するなか、クリーンエネルギーの象徴でもある水素関連の有望株として買い人気が集まっている。足もとの業績も回復色が鮮明だ。22年3月期営業利益は前期比2.4倍の7億円を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
旭ダイヤは急伸し年初来高値更新、9月中間期業績及び配当予想を増額修正
UEXはマドを開けて買われる、22年3月期営業利益見通しを上方修正
大紀アが反発、22年3月期配当予想を年50円へ増額修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »