株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

EAJがS高カイ気配、21年12月期売上高9割増  9月21日09時42分

 日本エマージェンシーアシスタンス<6063.T>が150円高はストップ高となる1133円でカイ気配となっている。前週末17日の取引終了後、これまで非開示としていた21年12月期の売上高予想について、42億6700万円(前期比89.5%増)と発表しており、これを好感した買いが膨らんでいるようだ。

 厚生労働省から受託している「入国者等健康フォローアップセンター業務」の拡大に伴い、契約金額が増額変更されることになったことが要因。なお会社側では、売上高以外の営業利益や純利益などについては合理的に算定可能となった時点で公表するとしており、引き続き非開示とした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タングスは急伸、自動車部品向け想定超で上期業績予想を上方修正
キャリインデが急落、60万株の立会外分売発表で需給悪化を警戒
北越メが3日ぶり反発、22年3月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »