株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クレスコは嵐のなか再び新値街道突入、AI技術をベースとした中期成長力に期待感  9月21日10時07分

 クレスコ<4674.T>が地合い悪のなか続伸、前週14日の高値2143円をクリアし年初来高値更新と強さをみせている。独立系のソフト受託開発会社で金融機関向けの実績が高い。AIやロボティクス分野に力を入れ、既有のアプリケーションのコア技術にこれらを融合して事業領域拡張を図っている。24年3月期に売上高500億円(前期実績397億円)を設定、更に30年度までに1000億円にする目標を策定しており、中期的な成長期待が強い。株価は8月11日に下ヒゲでつけた1759円を目先の底にその後一貫した上昇トレンドを続け、時価は18年2月以来3年7カ月ぶりの高値水準を走っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
第一三共が急伸、「トラスツズマブ デルクステカン」の中国第2相臨床試験を開始
<注目銘柄>=テスHD、「脱炭素関連」有望株として再評価へ
アグロカネシが3日続落、21年12月期見通し下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »