株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

第一三共が急伸、「トラスツズマブ デルクステカン」の中国第2相臨床試験を開始  9月21日10時05分

 第一三共<4568.T>が急伸している。前週末17日の取引終了後、英アストラゼネカ社とHER2に対する抗体薬物複合体「トラスツズマブ デルクステカン」(DS-8201)について、中国でのHER陽性の胃がん患者への三次治療を対象とした第2相臨床試験を開始したと発表しており、これが好感されている。

 同試験は、2つ以上の前治療歴のあるHER2陽性の治癒切除不能な進行・再発の胃または胃食道接合部腺がん患者を対象に、同剤の有効性と安全性を評価する試験という。中国において、胃がんの罹患率は高く全世界の胃がん患者の約半数を占めていることから、中国のHER2陽性の胃がん患者に対する新たな治療の選択肢の提供を目指すとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=テスHD、「脱炭素関連」有望株として再評価へ
アグロカネシが3日続落、21年12月期見通し下方修正
21日韓国・KOSPI=休場


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »