株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サツドラHD大幅高、冴えない決算も1対3の株式分割を好感  9月21日11時17分

 サツドラホールディングス<3544.T>が大幅高。同社は前週末17日の取引終了後に22年5月期第1四半期(5月16日~8月15日)の決算を発表し、売上高は213億3500万円(前年同期比1.8%減)、営業利益は5900万円(同50.5%減)と冴えない内容だった。ただ、あわせて発表した1対3の株式分割を好感する向きが優勢のようで、同社株は大きく買われている。

 第1四半期は、前年同期に発生した衛生関連用品や食料品などの特需が落ち着くなか、客単価は上昇したものの、来店頻度の減少に伴う客数減が響いた。なお、通期の売上高850億円(前期比2.1%増)、営業利益7億円(同9.3%増)とする従来予想は据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比12銭高の151円83銭
ニューラルが続伸、エッジAI搭載機器の設置・運用を行う子会社設立へ
パルマが反落、21年9月期業績及び配当予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »