株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JMSが4日ぶり反発、フレゼニウスメディカルケアと国内の在宅透析分野で業務提携へ  9月21日12時49分

 JMS<7702.T>が4日ぶりに反発している。17日の取引終了後、人工透析装置や透析用ダイアライザーの輸入、製造及び販売を行うフレゼニウスメディカルケア(福岡県豊前市)と国内の在宅透析分野での業務提携で基本合意したと発表しており、これが好感されている。

 今回の提携は、日本国内の在宅透析療法の普及率を上げるのが狙い。JMSはフレゼニウス社の在宅透析関連製品をラインアップに加え、 製品ポートフォリオの強化を図るほか、物流業務の協働などを通じて事業連携を推進する。また、透析患者の個別のニーズに応える新技術や新製品の開発・導入などに関しても協議を開始するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月21日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや下げ幅広げる
「人工知能」が9位に急浮上、DX時代を担う必須テクノロジーに<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »