株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DNAチップが反発、ジーンメトリックスと肺がんコンパクトパネル事業展開で業務提携  9月22日12時35分

 DNAチップ研究所<2397.T>が反発している。21日の取引終了後、遺伝子解析技術を用いたがん診断サービスなどを提供するジーンメトリックス(大阪市中央区)と、肺がんコンパクトパネル事業展開で業務提携すると発表しており、これが好材料視されている。

 DNAチップは、肺がんの複数のドライバー遺伝子に対するがん遺伝子パネル検査である「肺がんコンパクトパネル」の医療機器製造販売承認や保険収載を目指しているが、実用化の際には、ジーンメトリックスが開発した組織検体内の核酸を室温で長期に渡り安定的に保存する溶液管であるGM管(ジーンメトリックス核酸保存液封入容器)が保存液として欠かせないと判断したという。なお、同件による22年3月期業績への影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月22日 12時
CCTは後場もカイ気配スタート、気配値上限は8050円
「中国関連」が11位、中国恒大問題への警戒感高まる<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »