株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比580円高の30100円~  9月24日07時44分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、資生堂<4911>、オムロン<6645>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110.34円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比580円高の30100円。

米国株式市場は上昇。ダウ平均は506.50ドル高の34764.82ドル、ナスダックは155.40ポイント高の15052.25で取引を終了した。中国政府が恒大に目先のドル建て社債のデフォルトを回避するように指示したと報じられ、直近の懸念が緩和し、寄り付き後、上昇。連邦準備制度理事会(FRB)が資産購入ペースを速やかに減速する可能性を示唆したものの、利上げはまだ先になるとの見方に加え、経済活動の再開への投資家の自信が強まり景気循環株中心に買いが再燃し、上げ幅を拡大した。

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円94銭へ弱含んだのち110円35銭まで上昇して、110円33銭で引けた。米8月シカゴ連銀全米活動指数が予想以上に悪化し、先週分新規失業保険申請件数は増加したため、一時ドル売りが優勢となった。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で早期の資産購入策の縮小や2022年の利上げの可能性を示唆したことを背景に長期金利が一段と上昇すると、ドル買いが再燃した。リスク選好の円売りも支援。ユーロ・ドルは1.1714ドルから1.1750ドルまで上昇して1,1738ドル引けた。

NY原油先物11月限は続伸(NYMEX原油11月限終値:73.30 ↑1.07)。


■ADR上昇率上位銘柄(23日)
<8306> 三菱UFJ 6.07ドル 670円 (28.5円) +4.44%
<7267> ホンダ 30.8ドル 3398円 (113円) +3.44%
<8002> 丸紅 82.8ドル 914円 (29円) +3.28%
<8411> みずほFG 2.96ドル 1633円 (50.5円) +3.19%
<6758> ソニーG 115.5ドル 12744円 (384円) +3.11%


■ADR下落率上位銘柄(23日)
<7988> ニフコ 16.4ドル 3619円 (-6円) -0.17%
<4523> エーザイ 77.17ドル 8514円 (0円) 0%
<6753> シャープ 3.12ドル 1376円 (1円) 0.07%
<6460> セガサミーHD 3.6ドル 1589円 (5円) 0.32%
<6952> カシオ 166.02ドル 1832円 (13円) 0.71%


■その他ADR銘柄(23日)
<1925> 大和ハウス 35.07ドル 3870円 (74円)
<1928> 積水ハウス 21.92ドル 2419円 (54円)
<2503> キリン 18.65ドル 2057円 (25.5円)
<2802> 味の素 30.93ドル 3413円 (43円)
<3402> 東レ 13.19ドル 728円 (14.3円)
<3407> 旭化成 22.61ドル 1247円 (32.5円)
<4523> エーザイ 77.17ドル 8514円 (0円)
<4704> トレンド 56.86ドル 6273円 (103円)
<4901> 富士フイルム 88.3ドル 9744円 (141円)
<4911> 資生堂 71.11ドル 7846円 (166円)
<5108> ブリヂストン 24.29ドル 5360円 (121円)
<5201> AGC 10.59ドル 5843円 (83円)
<6301> コマツ 24.86ドル 2743円 (62円)
<6479> ミネベア 53.56ドル 2955円 (25円)
<6503> 三菱電 28.72ドル 1584円 (35.5円)
<6586> マキタ 61.45ドル 6780円 (120円)
<6645> オムロン 104.91ドル 11576円 (246円)
<6702> 富士通 37.71ドル 20805円 (315円)
<6723> ルネサス 6.27ドル 1383円 (30円)
<6758> ソニーG 115.5ドル 12744円 (384円)
<6762> TDK 113.5ドル 12524円 (294円)
<6902> デンソー 35.35ドル 7802円 (195円)
<6954> ファナック 23.15ドル 25544円 (679円)
<6976> 太陽電 263.25ドル 7262円 (62円)
<6988> 日東電 38.26ドル 8443円 (183円)
<7201> 日産自 10.17ドル 561円 (14.8円)
<7202> いすゞ 13.42ドル 1481円 (32円)
<7203> トヨタ 182.79ドル 10085円 (265円)
<7267> ホンダ 30.8ドル 3398円 (113円)
<7270> SUBARU 9.38ドル 2070円 (44円)
<7733> オリンパス 21.4ドル 2361円 (47.5円)
<7741> HOYA 169.41ドル 18693円 (423円)
<7751> キヤノン 24.44ドル 2697円 (60円)
<7974> 任天堂 61.4ドル 54199円 (959円)
<8001> 伊藤忠 61.5ドル 3393円 (79円)
<8002> 丸紅 82.8ドル 914円 (29円)
<8031> 三井物 440ドル 2427円 (52円)
<8053> 住友商 14.4ドル 1589円 (31.5円)
<8306> 三菱UFJ 6.07ドル 670円 (28.5円)
<8309> 三井トラスト 3.53ドル 3895円 (115円)
<8316> 三井住友 7.26ドル 4005円 (115円)
<8411> みずほFG 2.96ドル 1633円 (50.5円)
<8591> オリックス 97.39ドル 2149円 (62円)
<8604> 野村HD 5.13ドル 566円 (13.9円)
<8766> 東京海上HD 55.08ドル 6078円 (134円)
<8802> 菱地所 16.1ドル 1776円 (34.5円)
<9432> NTT 29.16ドル 3218円 (37円)
<9735> セコム 19.19ドル 8470円 (145円)
<9983> ファーストリテイ 70.24ドル 77503円 (1543円)
<9984> ソフトバンクG 29.96ドル 6612円 (163円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »