株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

伊藤米久HDが3日ぶり反発、22年3月期営業利益見通し上方修正  9月24日13時40分

 伊藤ハム米久ホールディングス<2296.T>が3日ぶり反発。きょう午後1時ごろ、22年3月期業績予想について、営業利益を230億円から240億円(前期比0.1%減)へ上方修正しており、これが好感されているようだ。

 売上高については8200億円(同2.7%減)とする従来予想を据え置いた。生産の効率化やコスト削減などにより上期業績が上振れる見通しにあるほか、豚肉などの原材料価格上昇が見込まれることなどを考慮し、通期見通しを見直した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フロンテオが3日ぶり反発、子会社一部事務所の閉鎖による特損計上も悪材料出尽くし感
<個人投資家の予想> 09月24日 13時
OCHIHDが3日ぶり反発、繊維商品卸の寺田を子会社化へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »