株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小反落、方向感に欠ける展開、直近IPO銘柄の下げ目立つ  9月27日16時15分

 本日のマザーズ指数は小反落となった。小幅ながら前週末終値から上昇して始まり、その後即座に1170.97ptまで上げ幅を広げた。ただし、前場半ばにはマイナス転換。前引けに欠けて再びプラス圏を回復したものの、後場には再度マイナス圏に沈むなど方向感に欠ける展開に。後場はそのまま冴えない動きとなった。なお、マザーズ指数は小反落、売買代金は概算で1169.47億円。騰落数は、値上がり176銘柄、値下がり194銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、Pアンチエイジ<4934>がマザーズ売買代金トップにランクイン。コアコンセプト・テクノロジー<4371>、ユミルリンク<4372>、インテM<7072>、レナサイエンス
<4889>など直近IPO銘柄の大幅な下げが目立った。その他、HENNGE<4475>、日本電解<5759>、FRONTEO<2158>、すららネット<3998>などが売られた。一方、個人投資家の関心が強まったとみられるステラファーマ<4888>が急騰。また、アドベンチャー<6030>、ベルトラ<7048>など旅行関連にも活発な物色が見られた。その他、ハイアス<6192>、GMOフィナンシャルゲート<4051>、ビジョナル<4194>、サイバーセキュリティクラウド<
4493>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »