株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「銀行」が18位にランク、米早期利上げ観測が追い風<注目テーマ>  9月27日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 パワー半導体
2 デジタルトランスフォーメーション
3 半導体
4 旅行
5 脱炭素
6 日経中国関連株50
7 海運
8 再生可能エネルギー
9 人工知能
10 2021年のIPO

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「銀行」が18位となっている。

 足もとで銀行株に見直し機運が強まっている。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は年初来高値に上昇しているほか、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>やみずほフィナンシャルグループ<8411.T>といったメガバンクは堅調な値動きとなっている。米10年債利回りは先週末に一時1.45%前後と7月初旬以来の水準に上昇。長期金利の上昇は銀行にとって利ザヤ拡大による収益改善に結びつくとの期待が浮上した。22日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、テーパリング(量的緩和縮小)の年内開始が示唆されたほか、政策金利見通しの中央値は利上げ開始が2022年に前倒しされた。これを受け、米国に早期利上げ観測が浮上しており、銀行株は堅調な値動きとなっている。

 また、SBIホールディングス<8473.T>は新生銀行<8303.T>に対して、TOB(株式公開買い付け)を実施するなか、SBIを中心とする地銀業界再編への期待が膨らんでいる。SBIグループと提携関係にある福島銀行<8562.T>のほか、島根銀行<7150.T>、筑波銀行<8338.T>なども注目されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は横ばい、株高を警戒も下値では買い流入
東京株式(前引け)=続伸、経済正常化期待から買い優勢
<動意株・27日>(前引け)=しまむら、長野計器、TOREX


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »