株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:続落、applierの売り出しが重し、25日線などの維持が争点  9月28日08時17分

本日のマザーズ先物は続落が予想される。27日の米国株式市場は、世界のパンデミックの状況改善で、経済活動再開への期待が強まり、寄り付き後上昇。8月耐久財受注速報値が予想を上回ったほか、金利の上昇や原油高を受け、景気循環株の買いが目立ち、ダウは堅調に推移、金利の上昇でハイテク株は売られ、ナスダックは下落。本日のマザーズ先物は、米ナスダックが続落となり、ナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、続落でのスタートが予想される。国内では、時価総額上位のAppier<4180>
が発行済み株式数の11%程度の株式売り出しを発表しており、目先の需給悪化懸念から相場の重しとなる可能性があろう。日足チャートでは、5日線、25日線、75日線が集中しており、これらを維持出来るかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1160.0pt、下値のメドは1100.0ptとする。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »